2017年 喜多方発21世紀シアター 出演者紹介

2017年度の喜多方発21世紀シアター出演者一覧です。
絞り込み内容に応じで表示を変更したり、並べ替えてご覧いただけます。

絞り込みたい条件を入力し、絞り込みボタンをクリックしてください。条件にあった出演者一覧が表示されます。
並べ替えるには、リストから該当のものをクリックして並び替えてください。

31 江戸写し絵『三枚のお札』『あたま山』

出演者名:劇団みんわ座

開演情報:8月5日(土)14:30~桐下駄ぼっくす(視聴覚室)

カテゴリ:影絵

公演案内

公演案内 子供
作品 写し絵芝居「だるま夜話」
夜、なんと掛け軸に描かれただるまが跳びでてきてきた。
居間にあったお酒を呑んで酔っ払ったから、家の人が目を覚ました。
こうして珍騒動が始まったのです。
作品 写し絵芝居「三枚のお札」
空に栗の形をした雲が浮かんでいました。
栗、食べたいなぁ。山には怖い「山姥」が棲んでいる。
そこで和尚さんが、山姥に出会った時に、使う「三枚の魔法のお札」を小僧さんに渡したのですが・・。

劇団紹介

団体紹介 子ども向け
みんわ座は1968年にできました。まだ、小学校で演劇鑑賞が少なかった時代です。その頃ヨーロッパから、子供の演劇鑑賞が情操教育にとても役だっているという文化情報が日本に紹介されていました。影絵芝居は照明機材を多く使い、幻想的な色彩で舞台を創造する特徴をもっています。その特徴を生かした作品を作り、都会ばかでなく農村や漁村の小学校をも巡回し、今年49周年を迎えます。 
劇団紹介 大人
影絵芝居は、アジアではほぼ総ての国に伝統芸能として存在する。日本は人形劇の様々な様式の伝統人形劇がある事で世界的に有名であるが、なぜか「伝統の影絵芝居」が無い。ところがあった。江戸後期に誕生した「写し絵」である。廃れていたそれを20年かけて復元し、上演している。米国ハリウッドや英国の国際映画祭で上演し、日本の独創的な映像文化であると、高い評価を得ています。

ホームページ

劇団みんわ座のホームページ

ページトップへ