2019年 喜多方発21世紀シアター 出演者紹介

2019年度の喜多方発21世紀シアター出演者一覧です。
絞り込み内容に応じで表示を変更したり、並べ替えてご覧いただけます。

絞り込みたい条件を入力し、絞り込みボタンをクリックしてください。条件にあった出演者一覧が表示されます。
並べ替えるには、リストから該当のものをクリックして並び替えてください。

1 風の子バザール

出演者名:劇団風の子

開演情報:8月1日(木)

カテゴリ:舞台劇

公演案内

バザールは日本語で市場のこと。
そこでは色んなものが売り買いされ、
即興詩人や手品師、ヘビ使いや辻音楽師などがいたりして、
とってもにぎやか。
耳をすますと雑踏の中から世界の珍しい話、
ふしぎな話、恐ろしい話、愉快な話が聞こえてきます。
さぁ、よってらっしゃい見てらっしゃい。
風の子バザールはじまるよ!

劇団紹介

戦後の東京・世田谷ではじめた「すいれん演劇サークル」が土台となり、
1950 年に子 どもたちを観客対象とした専門劇団として創立しました。
未来を創るのは子ども―ほんとうの自由な社会、
真の民主主義の時代を子どもと共に創っていくことを願っての出発でした。
2020 年には劇団創立 70 周年を迎えます。
これからも子どもたちの目の高さに立った 作品づくりをしていきたいと思っています。

2 ポロロンシアター げんきかーい

出演者名:劇団風の子

開演情報:8月4日(日)

カテゴリ:舞台劇

公演案内

おかしな二人組が手回しオルゴールを押しながらやってきます。
そして、優しいオルゴールの音色や、ウキウキするようなメロディが流れてきて、
楽しいお話やお芝居が始まります。
どんなお話かな?

劇団紹介

戦後の東京・世田谷ではじめた「すいれん演劇サークル」が土台となり、
1950 年に子 どもたちを観客対象とした専門劇団として創立しました。
未来を創るのは子ども―ほんとうの自由な社会、
真の民主主義の時代を子どもと共に創っていくことを願っての出発でした。
2020 年には劇団創立 70 周年を迎えます。
これからも子どもたちの目の高さに立った 作品づくりをしていきたいと思っています。

3 ギャング・エイジ

出演者名:劇団風の子中部

開演情報:8月1日

カテゴリ:演劇

公演案内

主人公エイジは元気な小四の男の子。
ちょっとした出来事によって「らんぼうもの」とレッテルを貼られてしまい…。
おもわず学校を飛び出してしまったエイジが決めたことは「ギャングになる!」
エイジが起こした行動は、ギャングになって同級生の夢を叶えること。
秘密の作戦会議をするエイジたち。果たしてその夢は叶うのか?!

劇団紹介

「劇団風の子中部」は岐阜の地で創造活動を始め9年目に入りました。
各地にある「劇団風の子」の中では一番末っ子です。
子どもたちの遊ぶ力を信じ、文化とはなにかを問いかけながら、
たくさんの方の力も借りて、ここまで歩いてきました。
今年は新作「ギャング・エイジ」を立ち上げ、新たな風をお届したいと思います。

4 いまからいえでにいってきます

出演者名:劇団風の子九州

開演情報:8月1日(木)8月2日(金)

カテゴリ:演劇

公演案内

あっくんは元気な4歳の男の子。
でもこの頃機嫌が悪いです。お母さんに赤ちゃんが生まれるからです。
あっくんは「お兄ちゃんになりたくない!」「大きくなりたくない!」と家出。
途中、タンポポの綿毛に導かれた場所は『ノハラハラ』。
そこで出会った不思議な住人たち。
さて、あっくんの「そだちエネルギー」は大丈夫か!?

劇団紹介

劇団風の子九州は、1985年福岡市で創立され、
九州・沖縄を中心に全国各地で公演している、児童・青少年演劇の専門劇団です。
1990年からはアジア・環太平洋の国々との交流も積極的に進めてきました。
昨年から地元福岡県内で
「演劇の力で心を耕し、地域を耕そう」と劇団主催の地域(空白地)公演に取り組んでいます。

5 「めっきらもっきらどおんどん」

出演者名:有限会社 劇団風の子北海道

開演情報:8月1日(木)

カテゴリ:演劇

公演案内

「ちんぷくまんぷくあっぺらこのきんぴらこじょんがらぴこたこめっきらもっきらどおんどん」
主人公カンタがめちゃくちゃなうたを歌うと、やってきたのはへんてこおばけの三人組。
怖いような楽しいような不思議なあそびの世界にどんどんひきこまれ・・・。
客席には立ち木のセットが立ち、会場全体が森のような劇空間となります。
子ども達が大好きな絵本が目の前に広がります。

劇団紹介

「子どものいるとこどこへでも」を合言葉に誕生した劇団風の子の地方班第1号として
1982年より活動しています。
北海道の土地に根ざし「めっきらもっきらどおんどん」などの幼児向け作品や
「森の笛がきこえる」「どんぐりと山猫」などの演劇教室作品、
高学年向きは「ボクラのばにしんぐぽいんと」などを制作。
普及活動を続けています。

6 ぱらりっとせ

出演者名:劇団風の子中部

開演情報:8月1日

カテゴリ:演劇

公演案内

♪あっぱっぱ~ぱらりとせ~♪日本のおへそ岐阜の地から、
大きなつづらを担いだ3人組がやってきた。
岐阜に伝わるわらべうたや郡上踊り等の伝統技能も織り込みながら、
つづらから出てくる出てくる、たくさんの遊びたち。
三味線の音色とともに、ちょっと不思議な昔話も届けます。
美濃和紙の衣装や伝統和傘など岐阜の魅力も満載です。

劇団紹介

「劇団風の子中部」は岐阜の地で創造活動を始め9年目に入りました。
各地にある「劇団風の子」の中では一番末っ子です。
子どもたちの遊ぶ力を信じ、文化とはなにかを問いかけながら、
たくさんの方の力も借りて、ここまで歩いてきました。
今年は新作「ギャング・エイジ」を立ち上げ、新たな風をお届したいと思います。

7 ミュージカル「ドン・カマー たびのむこう」

出演者名:オールスタッフ/イッツフォーリーズ

開演情報:8月4日(土)

カテゴリ:ミュージカル

公演案内

人間の手によって故郷から連れ去られたカメのドン。
自分はグズでノロマな最弱カメと信じているため、友達のズンのいる池には戻れないでいる。
そこへ世界最強と思いこんでいるカマキリのカマーが現れる。
無謀にもカメの甲羅に自慢のカマを振りかざし、大けがをしてしまう。
自分が悪いと素直に謝るドン。そんな二人は成り行きで、ドンの故郷を探す旅に出ることになる。
いつしか自分にないものを見つけ、二人の友情は深まっていくが・・・・
ワークショップを受けた子どもたちが、舞台のアンサンブルとして出演、
客席と舞台がいったいとなって繰り広げられる友情と、命の物語

劇団紹介

日本の創作ミュージカルの第一人者、作曲家・故いずみたくが、
日本ミュージカルの専門劇団として、1977年に創立。
ファミリー、青少年、一般向けと幅広い年齢層を対象に全国巡演中。
劇団公演以外にも外部作品の舞台やテレビ、CM、イベントなど多彩な活動を行う劇団メンバーは現在約50名。
市民ミュージカル、ワークショップの講師としても全国で評判を得ている。
喜多方フェスにも過去に様々な作品、ワークショップで参加している。

8 ボクたちのうた 〜手のひらを太陽に〜

出演者名:オールスタッフ/イッツフォーリーズ

開演情報:8月4日(土)

カテゴリ:ライブ・コンサート

公演案内

やなせたかしといずみたく、二人の出会いから、
「手のひらを太陽に」が生まれるまでのストーリーを、歌を交えて語るコンサート
本来は、ステージで照明、映像なども入って行う大規模のコンサートですが、
今回はミニバージョンとして行います。

劇団紹介

日本の創作ミュージカルの第一人者、作曲家・故いずみたくが、
日本ミュージカルの専門劇団として、1977年に創立。
ファミリー、青少年、一般向けと幅広い年齢層を対象に全国巡演中。
劇団公演以外にも外部作品の舞台やテレビ、CM、イベントなど多彩な活動を行う劇団メンバーは現在約50名。
市民ミュージカル、ワークショップの講師としても全国で評判を得ている。
喜多方フェスにも過去に様々な作品、ワークショップで参加している。

9 でっか~い でっかい

出演者名:劇団風の子

開演情報:8月3日(金)10:00~ 会津路広場(大ホールロビー) 14:30〜 野外すてーじ

カテゴリ:舞台劇

公演案内

田中つとむの一人芝居の part.2 の作品です。
一作目の「黄金の実」と同様、子どもたちが参加できる芝居づくりになっています。
楽器や新聞の帽子など、子どもたちにとって身近なものを使ってのお芝居です。
ラストの「でっか~いでっかい」は、会場の子どもたちの力を借りて進めていく、あ
つし君の旅物語です。さてさて、どんな冒険になりますやら。

劇団紹介

戦後の東京・世田谷ではじめた「すいれん演劇サークル」が土台となり
1950 年に子 どもたちを観客対象とした専門劇団として創立しました。
未来を創るのは子ども―ほんとうの自由な社会、真の民主主義の時代を子どもと共に
創っていくことを願っての出発でした。
2020 年には劇団創立 70 周年を迎えます。これからも子どもたちの目の高さに立った 作品づくりをしていきたいと思っています。

10 かのんぷ♪の「スマイル ミュージック ライブ」

出演者名:かのんぷ♪

開演情報:8月2日(金)8月3日(土)

カテゴリ:ライブ・コンサート

公演案内

ピアノ、ヴォーカル中村里衣とギター、ウクレレの中村大介による夫婦アコースティックデュオ「かのんぷ♪」
と愉快な仲間たちによる「スマイル ミュージック ライブ」。
タイトルの通り、笑顔が溢れるコンサートです。
かのんぷ♪のオリジナルから子どもからお年寄りまで知っている楽曲を織り交ぜて音楽の楽しさを再確認!
心も体もぽかぽかになるコンサートです。
楽器の体験コーナーもあります。

劇団紹介

ピアノヴォーカル、中村里衣とギター/ウクレレ、中村大介による夫婦アコースティックデュオ「かのんぷ♪」
音楽大学在学中に結成。2009年にCDデビュー。
クラシックから学んだ音楽を活かしオリジナル曲を中心に千葉を拠点に日本全国演奏活動を行なっている。
子どもからお年寄りまで幅広く楽しめる音楽です。

11 説経節 しんとく丸(弱法師)

出演者名:演劇企画くすのき

開演情報:8月2日(金)8月4日(土)

カテゴリ:語り

公演案内

子のない信吉長者夫婦の願いを清水の観音様が聞き届ける。
が、「その子が7歳の年、夫婦いずれかの命を取る」しんとく丸が生まれ13の年、
天王寺での稚児舞の途中、蔭山長者の乙姫に一目惚れ。
その時奥方が「清水の観音様さえ嘘を付くのなら我等人間嘘など気にせず楽に世を過すが何で悪かろう」
しんとく丸の悲劇が始まる。

劇団紹介

平成元年に結成した演劇企画くすのき。
平成最後の年にあきなんしが引退。
くすのきは大多和勇、高塩景子の2人となる。
今回の「しんとく丸」は波乱万丈、勧善懲悪の物語で説経節を代表する五説経のひとつ。
その物語を、高塩の言葉(語り)と大多和の音(鳴り物)で、
「節」を「語り芝居」に変換してお客様にお届けします。

12 「へびくんのおさんぽ」「おまえうまそうだな」

出演者名:人形劇団クラルテ

開演情報:8月5日(月)

カテゴリ:人形劇

公演案内

♪のっそりのそのそ にょろりんにょろりん♪おさんぽ大好きなへびくん。
カラフルな人形たちが暖かい世界を表現する「へびくんのおさんぽ」。
「おまえうまそうだな」は、
おかあさん、おとうさんが見つからないアンキロサウルスの子どもの所に
「ガオーうまそうだなぁ」「おとうさん!」抱きつかれたティラノザウルスは・・・
ちょっとおかしくて心温まる人形劇です。

劇団紹介

2018年2月創立70周年を迎えました。
70年前生きることに必死だった頃、私たちの先輩は人形劇と出会い、
「人形劇で世の中を明るく照らそう」と大きな夢を描きました。
70周年記念公演はミヒャエル・エンデ原作「はてしない物語」。
夢を描きにくくなっており今こそ、たくさんの方々と夢を描きたい、
全国を駆け巡り小さな人たちに出会っていきたいと願って上演しました。

13 たかはしべん音楽活動40周年 「おかしなお菓子」

出演者名:たかはしべん音楽事務所

開演情報:8月5日(月)

カテゴリ:音楽

公演案内

「おかしなお菓子」「エパミナンダス」のお話。
たかはしべんと言えば、ヘンチョコリンなコンサート。
歌って、笑って、踊って、みんなでワイワイ盛り上がろう!
聴いてみて!驚くよ!本当だよ!間違いないよ!
「はえをのみこんだおばあさん」「ゴキブリの歌」新曲「しあわせの種」「借りてきたネコ」他。テレビでもラジオでも、他では聞けない歌が飛び出します。
歌とギターとハーモニカ、カホーンを使って歌います。
笑いと涙とよだれと、感動の1時間です。

劇団紹介

音楽活動40年、全国5000回のコンサートで歌う。
「豊かな声量、心にずっしりと響く歌声、子どものコンサートなのに泣ける歌です」と大人の感想。「べんさんの歌を聞かないとソンするよ」と小学生の感想。
 どんな人の人生もすてきです。みんなが元気になれるように、歌い続けています。

14 人形劇みゅーじかる「さく婆ちゃんと腰折れ雀」

出演者名:劇団鳥獣戯画

開演情報:8月2日(金)

カテゴリ:演劇

公演案内

昔々の埼玉のお話し。
源太の大好きな、さく婆ちゃんは、山で一人ぐらし。
ある日、源太は、腰の骨を折った雀を、走って、さく婆ちゃんに届けた。
雀は元気になって御礼に、ひさご(瓢箪)の種を届けてくれた!その中から出てきたのは?!
ミュージカル女優・石丸有里子と竹内くみこの二人の人形劇は、
元気、ユーモラス、歌と踊りがケコミの前にも飛び出してきます。
小さい子どもから大人まで笑って参加できる人形劇みゅーじかるです。

劇団紹介

長編人気漫画「ガラスの仮面」の主人公・北島マヤを支える仲間達「劇団一角獣」
そのモデルとなったのが劇団鳥獣戯画です。
日常稽古を大切にして役者の力を磨き、様々なジャンルの作品を創り出しているエンタテ-メント集団。
正に鳥獣戯画絵巻の様な、お茶目でパワフルなパフォーマー達が人形劇からコンサート、
社会はパフォーマンスから歌舞伎ミュージカルまで演じ活躍しています。

15 音楽劇 消えた海賊

出演者名:東京演劇アンサンブル

開演情報:8月5日(日)

カテゴリ:参加劇

公演案内

命令形のない、人殺しをしない海賊たちの物語。
戦争のからくり、無意味さ、恋、自由とは何かをみずみずしく描いた若者のエネルギー溢れる、
こどもから大人まで楽しめる音楽劇。
林光によるソングをはじめ、ダンスやダイナミックな舞台美術など、
エンターテインメント性豊かに、バッサリと時代を切る、さわやかな作品です。

劇団紹介

1954年「劇団三期会」として創立し、東京演劇アンサンブルと改名。
1977年、東京練馬区にオープンスペースの前衛的な劇場ブレヒトの芝居小屋を建設。
世界・日本の近代・現代劇からこどもの劇場までレパートリーは実験的で多彩。
1996年に亡くなった演出家・広渡常敏の仕事を引き継いで、約七十名の幅広い年齢層の劇団員が、
常にアクチュアルな演劇を求めつづけ、時代と世界に向きあった活動を行なっている。

16 モテたい症候群 岡田健太郎のピアノ弾き語りコンサート

出演者名:岡田音楽事務所

開演情報:8月4日(日)

カテゴリ:音楽

公演案内

芸大で培った歌唱力と、大自然に囲まれて育ったしなやかな感性が同居するシンガーソングライター、
岡田健太郎。
10代の頃の自分をモデルにした「モテたい症候群」など
思わず笑っちゃう「思春期ソング」が人気のコンサート。
メッセージそれだけにとどまらず、3.11後のこと、友達のこと。
等身大の言葉をピアノが包みます。

劇団紹介

芸大で培った確かな歌唱力と、大自然が育んだしなやかな感性が同居する
稀有なシンガーソングライター・岡田健太郎。
10代の頃の自分をモデルにした「思春期ソング」が評判のコンサート「モテたい症候群」、
低学年向け音楽作品「チョコレートはんぶんこ」を引っさげ、今年も21世紀シアターに登場です。
ご期待下さい!

17 チョコレートはんぶんこ 岡田健太郎のピアノ弾き語りコンサート

出演者名:岡田音楽事務所

開演情報:8月5日(月)

カテゴリ:音楽

公演案内

初恋か、それとも食欲か!?ゆれる幼な心を歌う「チョコレートはんぶんこ」、
大人気の「転校生」の他、奇想天外なアレンジが新鮮な「どんぐりころころ変奏曲」など、
子ども達の身近なアレコレをユーモアたっぷりに、ちょっぴり甘酸っぱく歌います。
友達と思わずニンマリ、大人は心がキュンとくる。
そんなコンサートです。

劇団紹介

芸大で培った確かな歌唱力と、
大自然が育んだしなやかな感性が同居する稀有なシンガーソングライター・岡田健太郎。
10代の頃の自分をモデルにした「思春期ソング」が評判のコンサート「モテたい症候群」、
低学年向け音楽作品「チョコレートはんぶんこ」を引っさげ、
今年も21世紀シアターに登場です。
ご期待下さい!

18 「サイレント・コメディー・マジック」喜多方バージョン

出演者名:JIN OFFICE

開演情報:8月3日(金)

カテゴリ:演劇

公演案内

シルクハットに自慢の口ひげ、お気に入りのステッキに白手袋。
マジシャン ジン・マサフスキー の登場です。
一輪のバラが宙に浮き、鳩が舞う。
やったぞジン・マサフスキー見事なオープニングマジック!
さて、次なるマジックは?「ない、カードがない!」やばいぞジン・マサフスキー!
でも大丈夫、魔法の指をパチンと鳴らせば指先からニワトリが!え?
はたして無事フィナーレを迎えられるのでしょうか??
今回は喜多方バージョンでお送りします!!

劇団紹介

パントマイミストとして活動していたジン・マサフスキー(神雅喜)は
マジックとパントマイムを融合させた作品で、
2000年マジックの世界大会であるフィズムポルトガル大会に日本代表として招待参加。
以降、マジシャンのキャラクターを大切に、
パントマイムをベースに「サイレント」の空気感にこだわった独自のマジックショーを展開している。

19 ベッカンコおに

出演者名:劇団なんじゃもんじゃ

開演情報:8月4日(日)

カテゴリ:演劇

公演案内

創立20周年を記念して初演2012年5月。
原作さねとうあきら。
脚本ふじたあさや。
8人の芝居を2人で演じ、その見事さに各地で大変好評。
初演から7年さらにグレードアップした「ベッカンコおに」お客様に堪能して頂けること確実です。

劇団紹介

創立1993年、岐阜県中津川市。夫婦二人だけの小さな劇団です。
二人の作品は6本、ひとり芝居が4本、幼児から大人まで幅広い活動を展開しています。
いつでもどこでも上演出来る事をモットーにお陰さまで26年間舞台を続けて来ました。

20 ちびっこアドベンチャー 「世界のあそび」 ビンツータンレーハッショーレー

出演者名:日本独楽博物館

開演情報:8月3日(土)8月4日 (日)

カテゴリ:ワークショップ

公演案内

世界には形や材質やルールは違っても、日本の伝承遊びに似た遊びがたくさんあります。
パフォーマンスを見た後、50カ国以上、100種以上の昔遊び中から選んで、
挑戦しながら、世界旅行を楽しんでください。
民族衣装で大変身もできます。

劇団紹介

創立1993年、岐阜県中津川市。夫婦二人だけの小さな劇団です。
二人の作品は6本、ひとり芝居が4本、幼児から大人まで幅広い活動を展開しています。
いつでもどこでも上演出来る事をモットーにお陰さまで26年間舞台を続けて来ました。

21 ビンツータンレーハッショーレー

出演者名:日本独楽博物館

開演情報:8月3日(土)8月4日 (日)

カテゴリ:演劇

公演案内

民族衣装でのパフォーマンスショー!
世界旅行を楽しんでください。

劇団紹介

世界各国のこまを約3万点、日本の伝承遊び玩具約2万点、世界の伝承遊び玩具約5千点収蔵。
休日にはたくさんの親子が遊びまくる入館料無料の私設の博物館を運営。
こま(こまのおっちゃんのこまのサーカス)を中心に日本の伝承遊び(花のお江戸のヘンナテーナー)、
世界の伝承遊びの指導、普及に努めている

22 オーケストラ探険コンサート

出演者名:サロンオーケストラ・ジャパン

開演情報:8月5日(日)

カテゴリ:音楽

公演案内

音楽の楽しさ、オーケストラ・アンサンブルの素晴らしさを体験できるコンサート!
全国で毎年100公演以上上演されている話題のコンサートです。
小編成なのに、大迫力の演奏、楽しいトークと子供たちが飽きずに楽しめるアイディアがいっぱい。
指揮体験コーナー、共演コーナー、演奏中の楽器を間近で見たり触ってみたりetc.
幼稚園児から大人まで楽しめる入門コンサートの決定版です

劇団紹介

日本サロンコンサート協会は1990年に設立され「生活の中の音楽」の普及をテーマに
コンサートホールだけでなく生活の様々なシーンで気軽に質の高い生演奏を行って来ました。
お寺・邸宅・ビルロビー・学校・ホテルなど様々な場所で演奏できる
小編成のサロンオーケストラで活動行っています。
メンバーは国内外のオーケストラのトッププレーヤーとオーディションで選ばれた
優秀な若手演奏家で構成され、
海外からの著名なソリストとの共演や海外音楽祭への出演なども行っています。

23 「はだしのゲン」一人語り&SONG&バイオリン演奏による

出演者名:総合劇集団俳優館

開演情報:8月5日(日)

カテゴリ:舞台劇

公演案内

漫画「はだしのゲン」より 
今年81歳になった主人公中岡ゲンが語る74年前のヒロシマ。
ゲンのわたしは、広島に原爆が投下された1945年8月6日、小学校2年生であった。
歌と語りとバイオリン演奏で贈る<たくましく生きるゲンのすがた>。
ピカの日に生まれた妹友子のために、被爆した画家志望の青年と、
共に生きる喜びを求めて!広島の町を今日も走るゲン。

劇団紹介

1986年2月、愛知県名古屋市に設立。今年で33年を迎えました。
俳優館の作品の特徴は、既成作品ではなく
<劇団オリジナル作品を作り続けていることとその多くがミュージカル及び音楽劇>であることです。
俳優館は全国各地の子どもから大人の方々に数々の作品を持って巡演活動を行っています。
これまでに「カレーライス物語」「ガラスのうさぎ」「ごきげんなすてご」「ねこはしる」「ふしぎの国のアリス」「ムクバクとチチャねこ」「あらしのよるに」など優れた作品を作ってきました。

<加盟組織>公益社団法人日本劇団協議会、日本児童青少年演劇劇団協同組合、愛知児童青少年舞台芸術協会。

24 はれときどきぶた

出演者名:人形劇団ひとみ座

開演情報:8月5日(日)

カテゴリ:演劇

公演案内

畠山則安。9歳。小学三年生。
則安が人に自慢できること、それは日記を書くこと。
でもその日記をこっそりお母さんが見ていたら…。
そして、則安くんの書いた<あしたの日記>が、次々に現実に。
3人の人形遣いがボサノバギターのリズムに乗せ、
絶妙のアンサンブルをお見せします!

劇団紹介

ひとみ座は今年で創立70年目を迎える、神奈川県川崎市の人形劇団です。
創立以来、全国の子ども達を対象に公演活動を続けています。
本格的舞台作品から一人芝居、
「ひょっこりひょうたん島」などテレビ人形劇まで、
全国の皆様に人形劇を観ていただくため幅広い活動を続けています。

25 おだんごのすきなおばあさん

出演者名:劇団そらのゆめ

開演情報:8月4日(土)8月5日(日)

カテゴリ:演劇

公演案内

お団子が大好きなおばあさんは、ちょっとしたことでもよく笑う、のんきなおばあさん。
ある日、お団子を作っているとつい手がすべって、大好きなお団子がコロコロ転がって…。
笑う門には福来る!
花よりも、おだんごよりも、大事なものって?おばあさんと気の優しい鬼との、愉快でちょっぴり切ないお話。

劇団紹介

子どもたちが心も体も健やかに育つ、平和な世界を願い創立した専門劇団。
「常に現代を的確に捉えながら、子どもたちの心に響く演劇創造に力を尽くす。
また、演劇表現という手法を用いて、社会のあらゆる人が心豊かに生きる力を育むことに貢献する。
夢や理想を描き、語り合えることをたいせつにしたい」をモットーにしている。

26 時代横町「夢売りお伊勢まいり」

出演者名:ひと組(ひとぐみ)

開演情報:8月3日(土)

カテゴリ:演劇

公演案内

昨年の名古屋本公演以来、
初登場の作品です。
笑って元気になってくだされ!

劇団紹介

ひと組(ぐみ)と読みます。劇団ではありません。
それぞれ活動の場を持つ、名古屋の舞台人6名による創造企画チーム。
100作品上演を目指す「時代横町シリーズ」は今年19年目で新作90本の上演まできました。
笑顔を忘れなければステキな笑顔に出会えます。
明日もきっとそう、だから一歩一歩あるきます。

27 阿波踊りエンターテイメント

出演者名:創作舞踊集団 寶船

開演情報:8月2日(金)

カテゴリ:芸能

公演案内

阿波踊りを主軸とした、新しい形の創作パフォーマンスです。
真っ赤な浴衣衣装を身にまとい、和太鼓のお囃子にのせて踊ります。
中でもお客の心を引きつけるのは、伝統の枠に囚われない、軽快で激しい阿波踊り。
途中には一般的な阿波踊りのイメージとは異なる太鼓演奏や、
ユーモラスな軽芝居が披露されるところも見どころです。

劇団紹介

本場、徳島出身の米澤曜が主宰となり、1995年東京で発足。
阿波踊りを主軸とした新しい日本のエンターテイメントをつくるべく活動する団体。
そのパフォーマンスはやがて話題になり、各メディアからの出演・取材の依頼が殺到。
多くの賞賛の声が届き、海外でも評価が高まる。
今、日本中で最も注目を集めている阿波踊り団体である。

28 メルヘンマジック劇「わたしのお人形さん」

出演者名:劇団笑太夢マジック

開演情報:8月4日(土)

カテゴリ:マジック

公演案内

人形は本当に動いていたの?一瞬で衣裳がチェンジ!かわいい衣装にどんどん変わります。
そして、人形たちのおもしろいマジックが飛び出し、やさしい光があたりを包み、歌でおもてなし。
主人公と人形は出会い、さあ、どうなりますことやら。
それは、お・た・の・し・み。

劇団紹介

「笑(しょう)太夢(たいむ)マジック」の名前の由来である
「夢と笑いをお届けする太陽の存在になる」との目的の基に舞台活動を続けています。
マジックにパントマイムを融合したファンタスティックな公演を全国展開中。
又、環境、食品ロスなどを扱う社会派劇団として注目を集めている。
国際フェスティバルなど国内外での受賞も多数。

29 迷えるおやひつじ

出演者名:太鼓と芝居のたまっ子座

開演情報:8月3日(土)

カテゴリ:音楽

公演案内

背中で語れないお父さんは 歌う、打つ、跳ねる!?
子育て真っ最中のお父さん三人組による、歌と太鼓とユーモア満載のパフォーマンス。
たまっ子座のモトム・考と、「モテたい症候群」でお馴染みの岡田健太郎。
互いの舞台で出会った三人が織りなす、笑いあり、涙あり、笑い泣きありのステージは必見です!
「日々のハレルヤ」「チョリータ」「モヤモヤ」「お題ちょうだい」他…

劇団紹介

たまっ子座は
「人間が人間らしく生き合うために、魂を揺さぶりぐんぐんと力の湧いてくる太鼓や芝居を創りたい。」
と願い、1985年に旗揚げしました。
和太鼓をはじめ、自然の命から生まれた様々な楽器によるオリジナル曲の演奏やお芝居、
パントマイム、舞踊的な表現を組み合わせたユーモア溢れる舞台を、
赤ちゃんから大人まで、世界中に届けています。

29 ざんさんのおはなし劇場

出演者名:ざんぱら企画

開演情報:8月3日(金)

カテゴリ:演劇

公演案内

ざんさんが、からだまるごと語りだす!
おかしくてゆかいで、子どもたちも思わず表現したくなる、
素敵な昔話の世界をご覧あれ!子どもからお年寄りまで幅広い対象にお届けします。
「うなうなとのさま」「おしょうとアメ玉」「子育て飴のはなし」など…

劇団紹介

日本の昔話、古典芸能、伝統芸能を子どもたちに広く親しんでもらおうと、
おはなし劇場や、劇つくりワークショップなどを通して、活動を深めていきます。

30 ゆらとまぁばあちゃん~おばあちゃんの記憶~

出演者名:アフタフ・バーバン

開演情報:8月4日(土)

カテゴリ:演劇

公演案内

ゆらは小学2年生。
とっても元気な女の子ですが、学校に行きたくない日もあります。
近くのホームに住むまぁばあちゃん、ゆらはよく遊びにいっていました。
でもある時から、まぁばあちゃんの様子がなんだかおかしいのです。
どうやら「きおく」っていうものがなくなってしまいそうらしいのです。
そうだ!「きおく」を探してもってこよう!
ゆらとまぁばあちゃんの、記憶の旅が始まります!!
ひょんなことで出会った、まぁばあちゃんとの記憶のおはなしです。

劇団紹介

広く子どもから大人に対して、あそび、表現活動を通じて、共に遊び合い、
関わり合う中で、一人一人が自分らしく表現することを目指し、
豊かな遊び環境および豊かな地域社会をつくり出すことを目的としています。

31 こままわし大会in喜多方

出演者名:日本こままわし協会

開演情報:8月5日(月)

カテゴリ:ワークショップ

公演案内

こままわし大会in喜多方は今年で17回目の開催です。
こま・べーごま・中国ごまの体験コーナーを開催します。
こまに初めて挑戦する子、こまが上手くまわせない子はインストラクターに教えてもらえるので安心してお越し下さい。まわせるようになったら記録や技に挑戦してください。
技の検定会も行っております。
合格すると認定証を発行します。
プロインストラクターのパフォーマンスもあります。
ぜひ遊びにきてくださいね。

劇団紹介

日本こままわし協会は、全国各地でこままわし大会を開催しております。
「こま」の中でも特に難しい、投げごま・べーごま・中国ごま、を普及しております。
技の数はどんどん増え現在では1000種類以上あると言われています。
協会公認こま技検定も行っております。
当日検定を受ける事ができます。
全国の子どもたちや指導者の方々にこままわしの技や魅力が伝えられるように、日々励んでおります。
よろしくお願いします。

31 こままわし大会in喜多方

出演者名:日本こままわし協会

開演情報:8月5日(月)

カテゴリ:ワークショップ

公演案内

こままわし大会in喜多方は今年で17回目の開催です。
こま・べーごま・中国ごまの体験コーナーを開催します。
こまに初めて挑戦する子、こまが上手くまわせない子はインストラクターに教えてもらえるので安心してお越し下さい。まわせるようになったら記録や技に挑戦してください。
技の検定会も行っております。
合格すると認定証を発行します。
プロインストラクターのパフォーマンスもあります。
ぜひ遊びにきてくださいね。

劇団紹介

日本こままわし協会は、全国各地でこままわし大会を開催しております。
「こま」の中でも特に難しい、投げごま・べーごま・中国ごま、を普及しております。
技の数はどんどん増え現在では1000種類以上あると言われています。
協会公認こま技検定も行っております。
当日検定を受ける事ができます。
全国の子どもたちや指導者の方々にこままわしの技や魅力が伝えられるように、日々励んでおります。
よろしくお願いします。

32 おやゆび姫 (他1作品)

出演者名:ぱぴぷぺぽ劇場

開演情報:8月2日(金)

カテゴリ:人形劇

公演案内

原話は、アンデルセンの「おやゆび姫」。冒険ファンタジー。
染色家、布澤晴恵さん作のオリジナルな染め布を、背景などに取り入れた演出です。
育ての母のもとから、ヒキガエルに連れ去られ、一人ぼっちになったリリーは、
色々な生き物たちと出会い、翻弄され、勇気づけられ、やがて、自分の本当の故郷へとたどり着くのでした。

劇団紹介

2000年4月に、(株)エツコワールドにより誕生した男女2人組ユニットです。
2005年人形劇団として、独立し、
2008年、「セリフのない短編作品」で、NHK「BSななみDEどーも!」に、
ゲスト出演したり、おやこ劇場、こども劇場、幼稚園、保育園、児童館などの公演で活躍中!
子どものみならず大人の方にも楽しんでいただける人形劇をお届けします。

33 君がいるから

出演者名:CAN青芸

開演情報:8月4日(日)

カテゴリ:演劇

公演案内

―おまえはひとりじゃない、俺たちがいるぞ!―

ある日、ラッキーが目覚めるとご主人様がいない。
ラッキーは、おちょこちょいのご主人様が、
自分を忘れて引っ越して行ってしまったんだと思い込み、ご主人様を探しに旅に出た。
途中、教授とドンブリに出会い、手伝ってもらう。
そして見つけたご主人様の家。
ラッキーはどうなったのか!?
三匹の犬が繰り広げる友情物語。

劇団紹介

子どもにとって、すぐれた演劇との出会いは
「心を動かし、困難を克服し、幸せに生きる力を必ず与えてくれるもの」であると確信します。
その為にも、創る側と観る側の「おとな」が連携して、
最良の条件を整えることが大切だと思います。
そのすばらしい出会いの為にCAN青芸が目指すものは、
作品の想像性と小会場にこだわった環境作りです。

34 ジャックとふしぎな豆のつる

出演者名:人形劇団クスクス

開演情報:8月5日(月)

カテゴリ:人形劇

公演案内

ジャックとふしぎな豆のつる】
ジャックは怪しい男から不思議な豆をもらいました。
帰って庭にうめると、つぎの朝には...。(35 分)

【トッドとミミー】
さびしがり屋のワンちゃんに小さな友だちができました。
ことばのない人形劇です。(15 分)
驚きと仕掛けがいっぱい。二人の人形遣いがおくるドキドキワクワクの冒険活劇。

劇団紹介

クスクスは 2007 年に秋田県で生まれたプロ人形劇団です。
「クスクス」という小さな声を大切 に、秋田、岩手、山形など東北地方で 150 回以上の上演をしています。
2016 年には「かさじぞう」に対して厚生労働大臣より児童福祉文化賞が授与されまし た。

35 てんぐちゃん

出演者名:劇団むう

開演情報:8月4日(日)

カテゴリ:舞台劇

公演案内

「待って〜、下駄!」てんぐちゃんは、空を飛ぶ時に履く下駄を放り投げた。
オニ坊は、新しい金棒でカメ爺さんの大事な岩を壊した。
怒ったカメ爺さんは金棒を持って・・・去った。
大変だー!大事な下駄・大事な金棒を探さなきゃ。
二人で一緒に探そう、きっと見つかるよ。
一人の大事なものは、皆の大事だから。

劇団紹介

小さな人たちへ向けてお芝居を創っていますが、
「大人も面白くなければ児童劇ではない」それが私たちの指針です。
笑い有り、涙有り、そして“生きているもの”と“生きていくこと”を皆さんと一緒に考えて行く、
そんな芝居を創っています。

36 だるまちゃんとてんぐちゃん

出演者名:人形劇団あっけらかん♪

開演情報:8月4日(日)8月5日(8)

カテゴリ:人形劇

公演案内

こんにちは!愛知県からやってきました人形劇団あっけらかん♪です!
地元の幼稚園保育園や児童館図書館を中心に、全国の子どもおやこ劇場で公演しています。
今年は初の二人編成「だるまちゃんとてんぐちゃん」です。
古き良き絵本の世界を人形劇でお楽しみください!

劇団紹介

初回(いえ、実はその前からも)からずっと、毎夏毎夏喜多方で公演を続けさせてもらっております!
人形劇団あっけらかん♪です。
少しづつ作品も増え、メンバーも変わりつつも…
今夏も喜多方の皆さんとお会いできるのを今から楽しみにしております!

37 音楽物語『いつかの涙を光にかえて』

出演者名:sound office 音旅舎

開演情報:8月3日(金)8月4日(土)

カテゴリ:演劇

公演案内

2008年設立し、昨年10周年を迎えた音楽団体。
「音楽でゆく心の旅」をテーマに、オリジナリティ溢れる舞台作品を制作。
中でも「トイピアノ」を中心にした音楽と芝居のコラボレーションや
人形演劇との融合など、独創的な舞台活動を行っている。

劇団紹介

統合失調症となった兄。
壊れかけた家族の絆。
トイピアノがもたらした奇跡。
再び動き出した時間。
2018年出版された、家族の再生と希望の絵本『いつかの涙を光にかえて』が、
トイピアノ&ピアノ&マリンバで綴る音楽物語となりました。

38 どどんとにっぽん

出演者名:でん舎

開演情報:8月2日(金)8月3日(土)

カテゴリ:芸能

公演案内

たったの60分(実際には公演時間に合わせて時間を書き換えてください)で日本一周。
あなたの知らない日本へご案内します。どんな日本に出会えるか、こうご期待!

劇団紹介

「日本っていい国だよ!」
「日本の伝統文化っていいもんだよ!」文化を通して人と人がつながり笑顔になる瞬間をつくりたくて、
日本の伝統文化をルーツにした芸能活動を行っています。

39 シモシュの「おやこであそぼ!」

出演者名:X-jam

開演情報:8月3日

カテゴリ:音楽

公演案内

全国で子どもも大人も盛り上げて(過ぎて?!)来た「シモシュとあそぼ!音であそぼ!」 その第二弾が遂に登場。
もうこうなったら親子でおもいっきり遊んじゃえ!?音楽は 素敵なコミュニケーション。
だから、音に身をゆだねて、大人もこどもも心と体をい っぱいくっつけあおう。

劇団紹介

音楽家シモシュを中心とした、音楽と舞台の創造集団。
全国の子ども達に向けたコンサートや大人を中心としたピアノソロコンサートでも好 評を得ている。
2017年からは埼玉・飯能で人が集まり語り合う「いろりばた会議」を 開催、
若手舞台人のプロデュースや他団体との共同制作も数多く行い、
音楽や文化に よって人々が繋がっていく事もテーマにしている。

40 パントマイム物語「ジャーニーと本の扉」

出演者名:X-jam

開演情報:8月3日(土)

カテゴリ:パントマイム

公演案内

かばんひとつで世界を旅するジャーニーが、ある日見つけた一冊の本。
思わずその本を開くと、不思議なことがおこりました。
本に導かれて、ジャーニーがたどり着いた場所とは一体・・・?
パントマイムとピアノの生演奏で繰り広げられる物語を想像の翼を思いっきり広げて お楽しみください。
パントマイム/金子しんぺい・作曲&演奏/齋藤ちゃくら・演出&音楽監督/シモシュ

劇団紹介

音楽家シモシュを中心とした、音楽と舞台の創造集団。
全国の子ども達に向けたコンサートや大人を中心としたピアノソロコンサートでも好 評を得ている。
2017年からは埼玉・飯能で人が集まり語り合う「いろりばた会議」を 開催、
若手舞台人のプロデュースや他団体との共同制作も数多く行い、
音楽や文化に よって人々が繋がっていく事もテーマにしている。

41 シモシュのピアノ旅行2019 withスペシャルゲスト

出演者名:X-jam

開演情報:8月5日(月)

カテゴリ:パフォーマンス

公演案内

シモシュのオリジナル曲中心の演奏で、世界を旅するようなひととき。
大人のみならず、小学生から楽しめる、不思議と笑顔があふれるピアノコンサートで す。
毎回違った選曲でお届けしつつ、
今年は21世紀シアター20周年を祝して21世紀 シアターおなじみのゲストをお迎えしてお届けします!

劇団紹介

音楽家シモシュを中心とした、音楽と舞台の創造集団。
全国の子ども達に向けたコンサートや大人を中心としたピアノソロコンサートでも好 評を得ている。
2017年からは埼玉・飯能で人が集まり語り合う「いろりばた会議」を 開催、
若手舞台人のプロデュースや他団体との共同制作も数多く行い、
音楽や文化に よって人々が繋がっていく事もテーマにしている。

42 たっちゃんの紙芝居+(プラス)

出演者名:マーガレット一家

開演情報:8月4日(土)

カテゴリ:紙芝居

公演案内

○祝喜多方20周年!マーガレット一家参加10周年♪初公演、
プラザのすぐ側に雷が落ちても気づかなかったほどの子どもたちの大声援は、
今も僕のエネルギーの源です。
あの時のままの「アツさ」で、ちょびっとだけ成長した(?)部分をプラスして、
老若男女みんな一緒に笑い合える時間と空間をつくれるよう意気込んでます!

劇団紹介

マーガレットの花びらは、なぜか奇数枚のものが多いそうです。
だからこの花で恋占いをすると、最後はきっと「好き」になる。
「ずっと昔から、少年少女たちの願いに応えてきた、
この花のようにありたい」という私たちの願いも込めて、マーガレット一家が誕生しました。
理念は、「家族・仲間・そして、世界中を笑顔にする♪」

43 今夜は食べほうだい!〜おおかみゴンノスケの腹ペコ日記〜

出演者名:人形劇団えりっこ

開演情報:8月5日(月)

カテゴリ:人形劇

公演案内

人気絵本作家 きむらゆういち氏の おおかみ・ゴンノスケ
シリーズの第1作「今夜は食べほうだい!」
どこか間抜けで憎めない、おおかみゴンノスケとダンス大好き、
パーティ大好きなウサギ達とのハラハラ、ドキドキの物語。

劇団紹介

えりっこは、2人だけの北海道の人形劇団です。 
札幌を拠点に地域に根ざした活動をして27年になります。 
より多くの出会いと創造の刺激を求めて
各地のフェスに参加し活動を全国に拡げています。
いつでも、どこでもほいさっさ! 
こころおどる人形劇を皆さんにお届け致します。

44 松本律子マリンバコンサート~佐々木あすかの日本画と共 に~【静のリズム、無のメロディー】=コラージュ=

出演者名:松本律子

開演情報:8月2日(金)

カテゴリ:音楽

公演案内

静の中に動があり、無の中に有がある。 動と動の間に無数の静があり、動をつくりだす。
無は心と身体でつくられ、有へと導かれる。
マリンバを真ん中に構え、 楽器の名の付いていない自然の恵みから malletKATを用いた人工電子音まで、
Loop Stationを使用し音を重ねていきます。
即興演奏を取り入れた自由な発想の松本律子マリンバコンサート。
佐々木あすかの日本画と共にお贈りいたします。

劇団紹介

【松本律子 RitsukoMatsumoto】
マリンバ奏者/打楽器奏者
福島県出身。
米国マイク・バルター・マレット契約アーティスト。
4歳よりピアノ、5歳よりマリンバを始める。
東京芸術大学附属音楽高等学校卒業。
昭和音楽大学 器楽科マリンバ専攻卒業。
公立中学校での音楽講師、支援学校講師を経て現在に至る。
ソロマリンバパフォーマンスをライフワークとし、各地でのコンサート活動、
教育機関での芸術 鑑賞教室、地域コミュニティーづくりのためのコンサート、
美術系作家とのコラボレーションイベ ント、ワークショップ形式のコンサートなど年間約80公演を行う。
0歳から楽しもう☆音楽を「うたうたげ」を主宰。
自ら作編曲を手がけ、自然に親しむライフスタイルから生まれる瑞々しい感性で音楽制作。
マリ ンバの限りない表現の可能性を追求しながら、感動的な音楽空間創りを目指している。

松本律子Webサイト https://ritsukomarimba.com

44 ダメじゃん小出ソロライブ

出演者名:スタジオエッグス

開演情報:8月2日(金)

カテゴリ:演劇

公演案内

日本や世界で起こっていること、
ずっと疑問に感じながらもなんとなく受け入れてしまっていることなど、
日々のニュースや社会情勢がダメじゃん小出のフィルターを通って、
なんだか滑稽で笑いとばしてしまえる時事ネタコメディに生まれ変わる。
ニュースがわからない人も楽しめる、ニュースがわかる人はさらに楽しめる時間をお届けします。

劇団紹介

ジャグリング、パントマイム、クラウン、コメディなどのエンターテイナーと一緒に舞台公演やイベント、
フェスティバルを制作しています。
私たちがつくる公演は、為になるイイコトはあまりないかもしれないけど、
観ている人が自分を開放し、たくさん感じ、
「あー楽しかった」と劇場を後にできる時間をプレゼントしていきたいと思っています。

45 夏の涼風コンサート〜喜多方スペシャル〜

出演者名:皆谷尚美&VP

開演情報:8月4日(土)

カテゴリ:ライブ・コンサート

公演案内

夏一番のお楽しみがこのイベント、今年で5回目の参加になります。
ピアノ引き語りの皆谷尚美のオリジナル曲を中心に、みんなで歌えるあの曲や、
どこかで聴いたあの曲を特別アレンジでお届けします。
ピアノ、バイオリン、パーカッションの3ピースで、
生演奏の迫力と繊細さ、楽しいひとときをぜひ体感しに来てください!

劇団紹介

阿波踊りの国、徳島在住のシンガーソングライター皆谷尚美。
今年はデビュー20周年の夏。
ここまで続けてこれた感謝の気持ちを胸にピアノを弾いて歌います。
地元ではCMソングを数多く手がけ、ラジオ番組にも出演中。
毎年、喜多方の皆さんと(お酒に)お会いできるのが待ち遠しい!
今年も、東京からバイオリンなめりんとパーカッションあゆたんを連れて、トリオで出演します。

49 かぜのうた

出演者名:表現教育研究所

開演情報:8月4日(土)

カテゴリ:舞台劇

公演案内

耳を澄まし 心を澄ます時間 そこに漂う空気 
世界の美しさ 人の温かさの気配 風にのって届きますように
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
かぜのうたは とてもちいさな子どもたちと 傍らにいる大人たちに向けて創った舞台作品です。
わらべうたあそび15分間と本編20分間で構成されています。
あそびは伝承のわらべうた 本編のうたは全てオリジナルです。

劇団紹介

こんにちは 表現教育研究所です。
生まれてきたすべての子どもたちが、人の輪の中で、
温かさや心地よさを感じながら育つことができますように。
小さな命を育む全ての大人たちが、人と生き合う中で、より豊かで幸せな時間を紡ぐことができますように。
表現教育研究所はベイビーシアターの普及促進と上演活動に力を入れています。

50 おんがくおしばい『おじゃま猫と小さなともだち』

出演者名:吉田水子企画

開演情報:8月4日(日)

カテゴリ:音楽

公演案内

迷子の“小さなともだち”ティティーを仲間の所に帰してあげようと旅を続ける
おじゃ ま猫のニャーゴと華奢猫楽士。
喜怒哀楽を経験し、ティティーは少しずつ成長していき ますが、ある日突然・・・。
演者3人が様々な楽器を演奏しながら歌い演じる、友情と冒険 の物語。
ティティーの成長をヴァイオリンの大きさで表現します。『おじゃま猫とたま ご』の前日譚。

劇団紹介

動物(特に猫)をこよなく愛し、
「ロバの音楽座」メンバーとしても子どもの舞台に長く関わるコントラバス奏者・ 吉田水子と、
児童青少年演劇のための作曲と演劇教育の仕事を多くしている
作曲家・金子忍を中心に、2015年より活動開始。
“いのち”が軽んじられているように感じる現代、自分自身と他の全ての命を大切にし、
やさしく接することができる、そんな生き方をしていきたい...、
この想いをこれからを 生きる世代に伝えたいと願い、
乳幼児から大人まで楽しめて心温まる、物語のある音楽 作品を制作しています。
“いのち”...これは、一貫して、私たちが追求し子どもたちに伝えていきたいテーマで す。

51 おんがくおしばい『おじゃま猫とたまご』

出演者名:吉田水子企画

開演情報:8月4日(日)

カテゴリ:音楽

公演案内

おじゃま猫のニャーゴが大切にしているかわいい“たまご”に
コウノトリさんが命を宿してくれました。
夏、秋、冬と季節は巡り、やがて春になると...。
“たまご”とニャー ゴの10ヶ月の物語を、
演者2人がコントラバス・ギターなど約30の楽器(と音の出るお もちゃ)を
持ち替えて生演奏しながら歌い演じる、優しい音に溢れた心温まる作品です。

劇団紹介

動物(特に猫)をこよなく愛し、
「ロバの音楽座」メンバーとしても子どもの舞台に長く関わるコントラバス奏者・ 吉田水子と、
児童青少年演劇のための作曲と演劇教育の仕事を多くしている
作曲家・金子忍を中心に、2015年より活動開始。
“いのち”が軽んじられているように感じる現代、自分自身と他の全ての命を大切にし、
やさしく接することができる、そんな生き方をしていきたい...、
この想いをこれからを 生きる世代に伝えたいと願い、
乳幼児から大人まで楽しめて心温まる、物語のある音楽 作品を制作しています。
“いのち”...これは、一貫して、私たちが追求し子どもたちに伝えていきたいテーマで す。

52 パーツさんのファミリーショー

出演者名:イシバ座

開演情報:8月4日(土)

カテゴリ:パントマイム

公演案内

NHKEテレこども番組の振付でおなじみ、パーツさんのファミリーショー!
小さい子どもも思わず体が動き出してしまう楽しいダンスと、
ふしぎで面白いパントマイムの世界。
みんな大好き、2020応援ソング「パプリカ」も一緒に踊っちゃおう!
ユニークであたたかい世界観とたしかな技術は、家族みんなでお楽しみいただけます。

劇団紹介

パーツイシバは、日本の演出振付家。 北海道・伊達市生まれ。
パントマイム、ダンス、ジャンルを越える身体表現家として
国内外の舞台メディアで幅広い作品を手がけている。
これまでの作品は、富士ゼロックス document AI アトム篇、サントリー伊右衛門、
キリン午後の紅茶、インテル ウルトラブック等。
NHK幼児・子ども向け番組の身体表現を担当、
宝塚歌劇団パントマイム講師、経済産業省おもてなし規格認証、
東京都生活文化局ヘブンアーティスト所属。

53 ザ・ドラマティック腹話術「あかずきんちゃん」30分(併演作品と合わせて60分)

出演者名:よろず劇場とんがらし

開演情報:8月5日(月)

カテゴリ:演劇

公演案内

「よろず劇場とんがらし」は、全国のおやこ劇場子ども劇場、幼稚園、保育園を中心に
年間180ステージを越える公演活動をしている、一人芝居の専門人形劇団です。
10年間の保育者としての経験を生かし、子どもたちとの心のふれあいを大切にしています。
年齢の垣根を越えて楽しめる作品をお届けしています。

劇団紹介

鳥のオーちゃんと、ちょっと間抜けなオオカミのガオくん。
2体の腹話術人形が繰り広げる、赤ずきんちゃんのお話。
腹話術ですから、当然演技者は姿を見せています。
そして、2体の腹話術人形を同時に使用するわけですから、
両手がふさがります?それでも、舞台では赤ずきんちゃんの人形が大活躍!
第3回優秀人形劇顕彰制度銀賞受賞作品です。

54 フランスの手回しオルガンとスペインのバグパイプの響き

出演者名:Koji Koji Moheji

開演情報:8月3日(金)

カテゴリ:ライブ・コンサート

公演案内

フランスの手回しオルガンと、スペインのバグパイプを音を聴いてみよう!
どちらの楽器も実際の生演奏を中々聴く事の出来ない楽器だからこそ、
最初の出会い方を大事にしております。
みんなの知っているあんな曲、こんな曲を手回しオルガン、バグパイプで演奏します。
きっと、この楽器が大好きになる事間違いなし!素敵な出会いにしましょう!
是非お越しください♪

劇団紹介

フランスの手回しオルガンと、スペインのバグパイプを演奏しています。
珍しい二つの楽器の持つ魅力を、様々な楽曲にのせてお届けします。
バグパイプは、毎年スペインへ勉強に行きながら活動しております。
2017年に行われたスペインの大会では、日本人初の準優勝を獲得しました。
2019年夏、再挑戦に向けて動いております

55 オーケストラの博物館~秘蔵の名品・珍品がずらり!~

出演者名:ルロット・オーケストラ

開演情報:8月3日(土)

カテゴリ:人形劇

公演案内

「クラシックの堅苦しさを打ち壊す」ことをテーマに、
6名の演奏者が織り成す「クラシックはじめの一歩」体験コンサートです。
今年も新作の創作楽器がぞくぞく登場します!
オーケストラと創作楽器の世界初共演!?
ぜひご覧ください!また、終演後これらの創作楽器の体験コーナーもあります。
お楽しみに!!

劇団紹介

クラシックの堅苦しさを打ち破る! 
小さい子供と一緒に楽しめる!音楽で街を笑顔にする!ために、
舞台を飛び出してお客様と笑顔で音楽を創りだす類稀なるオーケストラです。
特にフライパン・水道管・にんじんなど、身の回りのものを楽器に仕立て上げた
「創作楽器」をオーケストラと共演させるコーナーでは、
「こんなものが楽器に?!」という驚きと、その卓越した技術が、
音楽にあまり関心を持たない人々をも取り込んでしまうほどのパフォーマンスで、
「クラシックの玄関になるオーケストラ」として全国で活動しております。

55 「たったか たったか たったかた」「ごんぼさん にんじんさん だいこんさん」

出演者名:てんたん人形劇場

開演情報:8月2日(金)8月3日(土)

カテゴリ:人形劇

公演案内

「たったか たったか たったかた」
たったか たったか動き出す。はて さて どうなる・・・。
「まる」と「しかく」の小さなストーリー。(オリジナル作品)

「ごんぼさん にんじんさん だいこんさん」
どろんこだらけの野菜たちが・・・ 皆さんご存知のお話?

 ※間に演者が一人出て、会場のお客さんと遊びます。

劇団紹介

「心が動く瞬間を大事にしたい」そんな思いで“てんたん人形劇場”は宮城県を拠点に上演活動をしています。
作りこみ過ぎないシンプルな人形劇、たくさんの想像力で観てほしいです。
「ぼくもわたしもやってみたい」、そんな気持ちになってくれたらうれしいです。
人形劇が子どもたちの遊びにつながることを願っています。

57 布でつくった紙芝居!? なにぬの屋がやってくる!

出演者名:なにぬの屋

開演情報:8月4日(日)8月5日(月)

カテゴリ:舞台劇

公演案内

昔ながらの紙芝居屋さんのような古い自転車がトレードマーク。
拍子木叩いて「はじまるよ~」・・でも紙芝居とはちょっとちがうぜーんぶ布でつくった布芝居!
最近は手話を取り入れたり、
触って楽しめる工夫もして・・見ても聞いても触っても楽しめるバリアフリーなスタイルで演じます。
お話の前にハンカチ遊びやお手玉遊びなどもします。
お楽しみに。

劇団紹介

演じ手である渋沢やこが、2006年より企画・活動を始める。
布でつくった紙芝居とは布の温かみと立体感を生かし、
演じ手が登場人物の一つになっていく一人芝居のようなスタイル。
保育園幼稚園公演のほか、地域の人が集まるきっかけになればと思い、野外のお祭りなどにも出演。
震災後、郡山市に拠点を置き東北を中心に全国各地に出前公演を続けている。

57 昼下がりの貴族

出演者名:ラストラーダカンパニー

開演情報:8月4日(日)

カテゴリ:パフォーマンス

公演案内

『ぷれみっくすのコメディ・シアター』から、
金髪ドレッドでヒゲのChangが飛び出した!
強烈な個性と独特のセンス、高度なサーカス芸を駆使した「すごい!!」のに
どうしても笑ってしまう曲芸の数々。
シュールでサイレントでコメディ!
大道芸ならではの臨場感!
中毒症状にご注意を。

劇団紹介

国内外で道化師を学んだChang&LONTOが、道化師と舞台作品を追求すべく2018年に設立。
「ラストラーダカンパニー」の由来は、
この道を志すきっかけの一つとなったイタリアの映画
フェデリコ・フェリーニ監督の「道」(イタリア語表記が”La strada”)からきています。
今まで歩んできた道、そしてこれからの道、一歩一歩わくわくしながら歩んでいきます。

58 ボン・ヴォヤージュ

出演者名:ラストラーダカンパニー

開演情報:8月5日(月)

カテゴリ:パフォーマンス

公演案内

『サーカスの灯』のChangとLONTOが巻き起こすドタバタは、
”どーしてそーなっちゃうの?”と,ついつい声に出して突っ込みたくなっちゃうことばかり。
言葉を使わない道化師二人が贈る無声映画ようなパフォーマンスで、
笑顔や、声援、手拍子が子ども達から自然に湧き上がり、
会場は温かい一体感に包まれます。

劇団紹介

『ぷれみっくすのコメディ・シアター』から、
金髪ドレッドでヒゲのChangが飛び出した!
強烈な個性と独特のセンス、高度なサーカス芸を駆使した「すごい!!」のに
どうしても笑ってしまう曲芸の数々。
シュールでサイレントでコメディ!
大道芸ならではの臨場感!
中毒症状にご注意を。

59 マジカル1・2・3!

出演者名:OHオフィス

開演情報:8月2日(金)8月4日(日)8月5日(月)

カテゴリ:マジック

公演案内

太田ひろしは、出身地である札幌を拠点に、
全国各地で活躍中のマジシャンです!
指先のテクニックを駆使したスライハンド・マジックから、
楽しいおしゃべりマジック、 そしてダイナミックなラスト・マジックまで、 アッという間の60分!
不思議さだけではなく、ハートフル・トークにも注目!

60 世界一の口笛ショー♪

出演者名:レッド・ベコーズ

開演情報:8月2日(金)8月4日(日)8月5日(月)

カテゴリ:芸能

公演案内

2013年、2014年の口笛世界大会、女性の部で見事日本人初の2連覇を果たした高木満理子!
たかが口笛、されど口笛。
その素晴らしい響きをぜひお聴きください。
地元喜多方在住の細川佳那枝とのユニット『レッド・ベコーズ』で参加。
今年も口笛ワールドそしてふたりの掛け合いをお楽しみください♪

劇団紹介

口笛とシンセサイザーのユニット。
県内外で演奏活動を行なっております。
2010年結成。ユニット名のレッド・ベコーズは福島県の名産品「赤ベコ」がモチーフ。
福島県文化センター会館40周年記念コンサート、横浜港開港記念祭、
他学校の芸術鑑賞会やイベント等に出演中。
口笛:高木満理子(中島村)2013年・2014年国際口笛大会成人女性の部2連覇
シンセサイザー:細川佳那枝(喜多方市)喜多方FMパーソナリティ・作曲家
文化庁主催、次代を担う子どもの文化芸術体験事業 
宮城県および福島県派遣アーティスト

63 「いなりの森のランプの木」

出演者名:はぐはぐ☆カンパニー

開演情報:8月2日(金)8月4日(日)

カテゴリ:人形劇

公演案内

「ごんぎつね」の作者、新美南吉の童話の世界が広がる、ふしぎな森。
迷いこんだ少年と旅をする、ファンタジー人形劇。
おばあちゃんの言いつけを忘れて森に入った少年、
ミライの前に、南吉童話の主人公たちが次々に現れる。
すると・・・
歌・語り・お芝居・人形劇、様々な要素をちりばめ、幅広い年齢層にお届けします。

劇団紹介

時代横町の座長、石黒寛の劇団です。
人形劇を見終わった子どもたちが両手を一杯に広げて走ってきて
抱きしめて(ハグして)くれた。
子どもたちの「ありがとう」でした、この感動が劇団名。
トキメキのオリジナル世界と大好きな世界の名作をお届けしています。

64 喜多方寄席

出演者名:(一社)落語協会

開演情報:8月3日(土)

カテゴリ:寄席演芸

公演案内

番組:落 語  柳 家 小はぜ
   紙切り  林 家 正 楽
   落 語  古今亭 志ん吉
   太神楽  鏡味仙三郎社中
   落 語  三遊亭 歌 奴

劇団紹介

古典落語を中心とする寄席芸能の普及向上を図りもって
我が国の文化の発展に寄与する事を目的とし、
寄席における(定席)公演、学校、地域等の公演を行っております。
所在地東京ばかりでなく、全国区に寄席演芸を広めています。

ページトップへ